投稿者: 管理者

第1回高齢社会デザイン(ASD)研究会

下記の通り、第1回高齢社会デザイン(ASD)研究会を開催いたします。

第1回高齢社会デザイン(ASD)研究会プログラムのお知らせ

■会場 : 東京大学工学部2号館2階223講義室
 http://www.kikaib.t.u-tokyo.ac.jp/map2

■プログラム(2015年5月25日)
□12:45 開場

□13:00~13:05 開会挨拶

□13:05~15:05 一般セッション

・買い物場面における高齢者支援
 林 侑輝 (千葉大学)

・The effect of complete dentures on body balance during standing and walking
 in elderly people
 Okubo Mai (Tokyo Medical and Dental University)

・3分ほどの音声発話で認知症者は見つかるか? 自動音声データの言語処理による
 認知症スクリーニングの試み
 荒牧 英治 (京都大学)

・複数の認知症検査方式を利用した介護スタッフと家族の介護情報と状況の共有
 柴田 健一 (静岡大学)

□15:15~16:15 招待講演
・医療介護の連携とICTについて ― 柏プロジェクトから
 辻 哲夫 (東京大学)

  辻哲夫先生は、厚生労働省で年金、医療、介護、福祉行政を担当され、保険局
 長、厚生労働事務次官などを歴任し、現在は東京大学高齢社会総合研究機構特
 任教授として精力的に活動されています。今回は、超高齢社会における在宅医
 療・介護のための多職種連携のモデルに関する千葉県柏市等でのプロジェクト
 とそこでのICTの利活用についてお話しいただきます。

□16:20~17:50 パネルディスカッション「医療介護の連携とICT」
  招待講演を踏まえ、高齢化が進む地域のヘルスケアやコミュニティ運営にICT
 が果たすべき役割について検討し、ICTが拓く社会の将来像と情報学研究の新
 たな展開を探ります。

  司会 竹林 洋一 (静岡大学)

  パネリスト
     喜連川 優 (国立情報学研究所)
     辻 哲夫 (東京大学)
     寺田 努 (神戸大学)
     橋田 浩一 (東京大学)

□17:50~17:55 閉会挨拶

■参加費
下記をご参照ください。
http://www.ipsj.or.jp/kenkyukai/sanka.html

第1回高齢社会デザイン(ASD)研究会の発表募集、締切延長のお知らせ

 第1回高齢社会デザイン(ASD)研究会について、発表申し込みの
締め切りを下記の通り延長いたしました。
是非申し込みが増えるよう、ML等での周知をお願いいたします。

■発表申込締切:平成27年4月17日(金)→4月24日(金)

以上です。
 
————————————————————————-
情報処理学会 第1回高齢社会デザイン(ASD)研究会の発表募集のご案内
————————————————————————-

2015年5月25日(月)に、東京大学本郷キャンパスにて
ASD研究会を開催いたします。発表を募集致しますので、
奮ってお申し込みください。皆様からの多数のご投稿をお待ちしています。

■日時: 2015年5月25日(月)
■会場:東京大学工学部2号館2階223講義室
    http://www.kikaib.t.u-tokyo.ac.jp/map2

■テーマ: ITを用いた高齢社会のデザイン
・高齢社会の自助・共助の促進、CSCW、クラウドソーシング
・エビデンスに基づく認知症ケア技法の評価、ビッグデータ、行動観察
・パーソナル情報の表現・管理・活用、個人情報保護
・福祉介護機器システム、ウェアラブル機器、生活アシストロボット
・認知症高齢者の行動センシング、徘徊モニタリング、意図感情理解、ライフログ
・多様な高齢者のための住空間デザイン、見守り、安全運転支援、地域交通システム
・高齢者の摂食嚥下機能のケアとリハビリ
・地域包括ケアシステム、医療介護スタッフの多職種連携促進システム
・看護・介護技術の暗黙知の形式知化、ナレッジマネージメント
・認知症高齢者との対話、マルチモーダルコミュニケーション
・臨床倫理、プライバシー、ソフトローに基づく社会改革

■発表申込締切:平成27年4月17日(金)→4月24日(金)
■原稿締切予定:平成27年5月1日(金)

■発表申し込み方法:
申込は以下のページの下段のリンクよりお願いいたします。
  ASD研究会発表分:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/asd
後日、情報処理学会より論文提出依頼のメールが送られます。
原稿は6-8ページにてご用意願います。

■照会先:
  プログラム担当・ローカル担当: 橋田浩一(東京大学)
hasida.koiti@i.u-tokyo.ac.jp

■ASD研発表申し込みに関する特記事項
1 平成21年度より情報処理学会の研究会活動がオンライン化されており、
論文公知日が研究発表会開催初日の1週間前となります。

2 高齢社会デザインの研究に関して、技術の進展に寄与した
研究発表を表彰します。

3 収集したお申し込み情報は、ASD研究会の運営のためにのみ用います。
ご本人の了承なしに第三者に開示・提供することはございません。
————————————————————————-

第1回高齢社会デザイン(ASD)研究会の発表募集のお知らせ

————————————————————————-
情報処理学会 第1回高齢社会デザイン(ASD)研究会の発表募集のご案内
————————————————————————-

2015年5月25日(月)に、東京大学本郷キャンパスにて
ASD研究会を開催いたします。発表を募集致しますので、
奮ってお申し込みください。皆様からの多数のご投稿をお待ちしています。

■日時: 2015年5月25日(月)
■会場: 東京大学工学部2号館2階223講義室
 http://www.kikaib.t.u-tokyo.ac.jp/map2

■テーマ: ITを用いた高齢社会のデザイン
・高齢社会の自助・共助の促進、CSCW、クラウドソーシング
・エビデンスに基づく認知症ケア技法の評価、ビッグデータ、行動観察
・パーソナル情報の表現・管理・活用、個人情報保護
・福祉介護機器システム、ウェアラブル機器、生活アシストロボット
・認知症高齢者の行動センシング、徘徊モニタリング、意図感情理解、ライフログ
・多様な高齢者のための住空間デザイン、見守り、安全運転支援、地域交通システム
・高齢者の摂食嚥下機能のケアとリハビリ
・地域包括ケアシステム、医療介護スタッフの多職種連携促進システム
・看護・介護技術の暗黙知の形式知化、ナレッジマネージメント
・認知症高齢者との対話、マルチモーダルコミュニケーション
・臨床倫理、プライバシー、ソフトローに基づく社会改革

■発表申込締切:平成27年4月17日(金)
■原稿締切予定:平成27年5月1日(金)

■発表申し込み方法:
申込は以下のページの下段のリンクよりお願いいたします。
  ASD研究会発表分:https://ipsj1.i-product.biz/ipsjsig/asd
後日、情報処理学会より論文提出依頼のメールが送られます。
原稿は6-8ページにてご用意願います。

■ASD研発表申し込みに関する特記事項
1 平成21年度より情報処理学会の研究会活動がオンライン化されており、
論文公知日が研究発表会開催初日の1週間前となります。

2 高齢社会デザインの研究に関して、技術の進展に寄与した
研究発表を表彰します。

3 収集したお申し込み情報は、ASD研究会の運営のためにのみ用います。
ご本人の了承なしに第三者に開示・提供することはございません。

研究会発足のお知らせ

高齢社会デザイン研究会を発足

2015年4月活動開始予定

主な研究分野

・高齢社会の自助・共助の促進,CSCW,クラウドソーシング
・エビデンスに基づく認知症ケア技法の評価,ビッグデータ,行動観察
・パーソナル情報の表現・管理・活用,個人情報保護
・福祉介護機器システム,ウェアラブル機器,生活アシストロボット
・認知症高齢者の行動センシング,徘徊モニタリング,意図感情理解,ライフログ
・多様な高齢者のための住空間デザイン,見守り,安全運転支援,地域交通システム
・高齢者の摂食嚥下機能のケアとリハビリ
・地域包括ケアシステム,医療介護スタッフの多職種連携促進システム
・看護・介護技術の暗黙知の形式知化,ナレッジマネージメント
・認知症高齢者との対話,マルチモーダルコミュニケーション
・臨床倫理,プライバシー,ソフトローに基づく社会改革